相談している人達

取り決めについて

書類を見る男性

年々晩婚化や離婚率の上昇が問題になってきています。離婚問題が起きると弁護士を雇わねばならないということのイメージが強いですが、その際に起こる取り決めについて見ていきます。

税について

書類を書く男性

相続について考えるということは、相続税について考えるということです。ややこしいことがたくさんあるので、間違いがないように進める必要があります。わからないところは専門家に聞きましょう。

相談する

ガッツポーズの男性

交通事故に巻き込まれると、加害者側と被害者側との間の慰謝料や賠償金を巡る係争にも巻き込まれる事になります。交通事故の訴訟では加害者側と被害者側がそれぞれの過失割合について争い、その過失割合に応じて慰謝料や賠償金が支払われます。過失割合の決定は究極的には裁判所が行ってくれますが、裁判所は双方から提出された証拠や双方の主張に基づいて判断を下すため、訴訟を有利に進めるためには法律や交通事故訴訟に関する知識を十分に有した弁護士の力が必要不可欠となります。最近は自動車保険に弁護士特約という、万が一交通事故訴訟に発展した場合に保険会社が訴訟にかかる弁護士費用を補償するというオプションが付いているため、これを利用して訴訟に持ち込む人が大幅に増えており、訴えられた方が自衛措置を講じる必要が出てきているのです。

交通事故に巻き込まれた際には、専門知識を有する弁護士を雇用するのが無難ですが、弁護士を雇用する際には幾つか留意しておくべき点があります。まず第一に一言で弁護士といってもその能力は弁護士によって大きな差があるという事です。過去に交通事故訴訟を数多く担当し、経験豊富な弁護士なら心配はありませんが、経験が浅い弁護士を雇用してしまうと訴訟を有利に進められなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。また、雇用に際して必要になる報酬は、自動車保険の弁護士特約に加入していれば自己負担をする必要はありませんが、特約に加入していない場合は実費となります。報酬の水準はさまざまですが、数十万円から数百万円程度は必要になるので注意が必要です。

示談トラブル

握手する男女

交通事故は多くの場所で起きている。死亡事故なども増えており、賠償金や慰謝料などについて示談することが多くある。しかし、その中で示談トラブルが起きることがあるので、しっかりと弁護士を利用することが大切である。

無料で相談する

電話で話す男性

法律相談を利用することで隣人トラブルなどを解決することができます。最近では、法律番組などがテレビで見ることができるので、法律が身近になっています。法律について相談するときには、無料で行っていることもあるので有効に利用しましょう。